美ip | イイ女・幸せカップル・男のホンネを研究エステ

イイ女・幸せカップル・男の本音を研究・分析して女子力アップ!「男の人って、なにを考えてるの?」「幸せなカップルの特徴・考え方とは!」「男がドキッとするいい女の接し方」「女性にも好かれる女性の特徴」など、楽しく生き生き過ごしている恋愛女性・イイ女・イイ男・ダメな女子・ダメな男子・カップルの特徴や体験談等を分析しながら、女性が幸せな毎日を過ごすためのスパイスを発信していきます。メンズエステ求人

美肌

7月

食べないダイエットって危険?断食ダイエットのマル秘テクおしえます

04

世界一、肥満の人口が少ない国は、バングラディッシュであると言われています。バングラディシュはインドのように香辛料たっぷりの料理が多いのですが、宗教上、断食をする月があるから、痩せている人が多いとも言われています。
「食べない」ダイエットは良くないと、頻繁に言われる日本ですが、ダイエットにおける断食は、どうやるのが正解なのか? 何人かの専門家の意見を集約してみましたので、ご紹介したいと思います。


●食べたくないときは食べない
結論から言えば「食べたくないときは食べない」これで断食ダイエットはOKなんだそうです。
つまり、食べないことで摂取カロリーを減らすというよりも、食べないことで胃腸を休ませてあげて、体内の代謝を「正常値」に戻すことが、断食ダイエットの極意なんだとか。

この背景には、私たち日本人は、常に食べ過ぎであるという状況があります。
たとえばお昼ごはんを食べたあと、間食をする。その後19時か20時くらいに夕飯を食べる。人によっては22時くらいにスイーツを食べる。で、25時に寝る。
25時に寝ても、胃腸は食べたものを消化するために、ずっと起きて仕事をしています。一般的には食べたものを完全に消化させるのに12~24時間かかると言われています。

しかし、朝起きて、朝食を食べます。朝食を抜く女性であっても、なにか飲むと思います。また胃腸に負担がかかります。そうこうしているうちに、またランチです。

こういうことの繰り返しで、胃腸は悲鳴をあげて、どんどん消化の効率が下がり、太るのだそうです。

●食べる? 食べない?
つまり簡単に言えば「ちょっと食べたくないな」「カラダが重たいな」こう感じたら、1食抜けばいいということです。

私たち日本人のまわりには、「つい」食べてしまう食品が溢れています。バングラディシュにはおそらくセブンイレブンも日本のようにたくさんはないでしょうし、スターバックスだって、日本のようにたくさんはないでしょう。
よって、食の誘惑に打ち勝たなくてはならないというストレスめいた気持ちを、おそらくはバングラディシュ人は持っていないと思われます。

私たち日本人はそうはいかないですよね。「つい」ご褒美スイーツをコンビニで買って食べる。「つい」スタバで生クリームたっぷりのドリンクを飲む。

でもカラダが「食べたくない」と思っているのであれば、食べない。こういう習慣が身につかないと、ずっとぽっちゃりさんのままです。

こういうことを専門家は「カラダの声を聞きなさい」という言い方で述べています。
お腹が減ったから食べたいとか、最近Hがご無沙汰だからHしたいとか、「やること(プラスのこと)」に関しては、私たちは敏感にカラダの声を感じ取ります。
しかし「胃もたれしているから1食抜こうかな」という引き算(マイナス)は、わりと苦手でしょう。

引き算をすることで、胃腸の仕事量を適正なものにしてあげる。日本における断食ダイエットの極意は、どうやらこのへんにありそうです。

高収入バイト・メンズエステ求人|エトルテ
メンズエステ求人・セラピスト募集|ステフィー
品川 メンズエステ求人

高額 高収入 求人続きを読む
9月

気をつけて!夜中にスマホをいじっていたらブスになる理由が判明!

12
睡眠に関しては1960年から5年に1度、国が調査をしているようです。「国民生活時間調査」という調査なんですって。
あなたのおうちに国民生活時間の調査員、来ましたか? うちには調査員が来たことがないのですが、う~ん、来ている人もいるんでしょうねえ。

さて、かつてに比べて、日本人の睡眠時間は1時間短くなっているという調査結果があります。睡眠時間を削ってまでなにをしているのか? エッチか? テレビを観ているのか? 資格試験のお勉強か? 

一般的に思い当たるのは「スマホをいじっている」あるいは「パソコンをしている」ということではないかと思います。
今回は夜中にスマホをいじったらブスになるかもしれないということについてご説明したいと思います。

女子力アップでモテ女に変身!日本ブログ村  
続きを読む
7月

エアコンの寒さに勝って「美肌」をキープする方法とは?

15
これから残暑が終わるまで、「エアコンで寒い」場所が増えます。オフィス、電車のなか、カフェ……。
女性はカラダを冷やすと、ホルモンバランスが崩れて、お肌はボロボロになるし、生理不順になるし、いいことがないですよね。
今回はエアコンの寒さに勝って「美肌」をキープする方法についてご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう。


高収入バイト・メンズエステ求人|エトルテ
セラピスト求人・エステティシャン募集|ステフィー
吉祥寺 メンズエステ求人



●なぜエアコンは「寒い」のか?
そもそもエアコンが寒いと言っても、エアコンの設定温度は25度前後であることが多いものです。25度がなぜ寒いのか?
理由の1つは内外の気温差によって寒く「かんじる」というものです。外からいきなりエアコンのきいている室内に入ってくると「寒い」と思うでしょう。

では、室内にずっといたらなぜ寒いのか? これは骨盤が冷えるからという理由だそうです。会社でずっと内勤という場合、朝から夕方まで、長時間に渡って骨盤に寒さが蓄積されます。よって実際の温度よりも寒く感じてしまうのです。こういうことを知らない営業マンが帰社してくると、いきなりエアコンの温度を下げて、内勤OLはイラっとする……こういうことです。

●ひざ掛けを使用する
ということで、ひざ掛けを使用して、腰のあたりの「防寒」に努めると、わりとホルモンバランスが崩れることなく、美肌をキープできます。
エアコンの風がモロにあたると美肌はキープできないかと言えば、専門家いわくそうでもないそうです。
風が強いと体感的に「肌がボロボロになる」と思いがちですが、こういうのも「感覚」の問題であり、実際は「骨盤を冷やさない」と、それなりに美肌はキープできるとのことです。

●半身浴をする
とは言うものの、オフィスにひざ掛けを置いておくことはできても、スタバにマイひざ掛けを置いておくことはできないですよね。ひざ掛けを持ち歩くのも、荷物が増えてイヤだと感じる女性もいるでしょう。
そういう場合、外出先で冷えたカラダ(骨盤)は、帰宅して半身浴をすることであたためましょう。夏場、毎日湯船に浸かるのも大変かと思いますが、半身浴をして骨盤をあたためることで、今日1日に感じた「寒さ」はカラダから抜けてくれます。

いかがでしたか? オフィスでエアコンの設定温度をめぐって口論するのも子供っぽいものです。ひざ掛け1枚で、夏場の美肌対策をしましょう。
ちなみにお顔にスプレーする「ミストスプレー」。あれは、顔の表面から水分を蒸発させる作用ももれなくついてくるようで、逆効果になるかもしれないとの専門家のコメントもありましたので、併せてご紹介しておきます。


大人の色気を醸し出す!美魔女ブログランキングへ
美顔・美脚・美尻…セクシーを追求!女子力アップ日本ブログ村
zero159

3月

コットンでパフは絶対NG?専門家が明かす「美肌づくり」の基本とは?

11

コットンでパフという、もう当たり前のことのようになっている方法について、皮膚科専門医が「それはちょっと肌に良くないんじゃないかな」と言っていましたので、どういうことなのか、ご紹介したいと思います。

今や、大手の化粧品メーカーも、じぶんのブランドのコットンを販売していますが、このコットン、とても柔らかくて、肌触りがよくて、スキンケアにいいものと思いきや、専門医は「コットンに化粧水を含ませると硬くなります。硬いもので肌を刺激すると肌トラブルの原因になります」と言います。


■肌はゆで卵の表面のごとく・・・
皮膚科専門医の言うところによると、肌に刺激は絶対NGとのこと。たとえば、目元のくすみが気になりだす年齢ってありますよね。それは当然、老化が原因でくすむ……ということもあるものの、長年、メイク落としのときに、目元をこすってきたことが原因でもあるとのことです。

マスカラは刺青とはちがうので、1日くらいマスカラをつけたまま寝たところで、べつにどうということもないらしいのですが、そのマスカラをこすって落とす習慣が、目元のくすみを生みだすのだそう。

■イオン導入器がいいらしい
コットンに化粧水を含ませてパタパタしても、化粧水の有効成分は肌の奥深くに浸透しないそうです。
では、どうするのがいいかと言えば、イオン導入器でビタミンC誘導体の入った美容液をつける……というのがいいそうです。皮膚科の先生によって、なにがいいというのが違うとは思いますが、今回お話をお聞きした先生は、こうおっしゃっていました。

もっともビタミンC誘導体が入っている美容液は高価ですし、美容クリニックにでも行かないと純粋なものは手に入りづらいようですが(防腐剤などが入っているビタミンC誘導体はイオン導入しないほうがいいと、先生は言っています)、時間とお金をかけてでも、この方法をとると、わりといつまでも若々しい肌でいられるようです。
コットンでパタパタ……は、化粧水の有効成分が浸透しそうで、じつは「そう思っているだけ」という先生のありがたいお話でした。

Photo by Pinterest
2月

ベッキーが今でもとても美しい12個の理由

vip
今月の『美ip』は、芸能人がどのような美容法を実践しているのかについて、全15回でお届けしています。
今回は、ベッキーさんの美容法についてご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう。

ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のマルチタレントである。神奈川県出身。サンミュージックプロダクション所属。158センチメートル、AB型。 亜細亜大学経営学部卒業。歌手での名義は「ベッキー♪♯」(出典:ベッキー Wikipedia

女性の恋とHの悩みにホンネで回答!人気ブログランキングへ
美女の男研究!女の本音・女心・恋愛心理学ブログ
続きを読む
5月

長澤まさみがやっている「日本酒風呂」の効果がスゴすぎる!

50e2686e3a95bb17b4db2b753cd4c87b_s
長澤まさみさんや藤原紀香さんなどがやっているとの噂の日本酒風呂について、今回はご紹介したいと思います。

さっそく見ていきましょう。

女性の恋とHの悩みにホンネで回答!人気ブログランキングへ
美女の男研究!女の本音・女心・恋愛心理学ブログ 

続きを読む
5月

小雪さんのような美肌を手にするにはかなりの努力が必要? ~小雪さんの美容法~

14285930a79d25b58c86428264e1df91_s
業界のなかで「ちょっとカチカチしといてね」と言えば、それは写真をフォトショップでうまく加工して、シミを消したり……ということを意味します。
テレビコマーシャルで女優さんの肌が美しい場合、それは「カチカチ」のおかげかもしれません。
それにしても肌が美しいのは小雪さんで、今回は小雪さんの美容法についてご紹介したいと思います。

※小雪(こゆき、1976年12月18日 - )は、日本の女優。本名、松山 小雪(まつやま こゆき)。旧姓、加藤(かとう)。神奈川県座間市出身。スノー所属(エイベックスがスノーと専属契約することでマネジメント業務を実施、フラームと共同プロデュース)。夫は俳優の松山ケンイチ。姉は歌手の弥生。趣味:アロマテラピー、読書、テニス。
(出典:小雪 Wikipedia

女性の恋とHの悩みにホンネで回答!人気ブログランキングへ
美女の男研究!女の本音・女心・恋愛心理学ブログ    
続きを読む
5月

御歳80歳にしてあの美貌!黒柳徹子さんの美容法とは?

c772fd9daba1b0301dac5bec47ec118f_s

テレビ誕生と同時に生まれた日本初のテレビタレントにして、テレビ創生期からテレビ番組のレギュラーを継続して持ち続けている唯一のタレントさんである黒柳徹子さん。
今年(2014年)80歳になります。80歳にしてあの美貌をどのように維持しているのか? 真の美魔女(?)である黒柳さんの美容法について今回はご紹介したいと思います。
さっそく見ていきましょう。

※黒柳 徹子(くろやなぎ てつこ、1933年8月9日 - )は、日本の女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家である。血液型はA型。愛称は「トットちゃん」、「チャック」。所属事務所は吉田事務所。
日本のテレビ放送開始以来長年に亘り第一線で活躍している、テレビ放送史を代表する芸能人の1人である。テレビ朝日『徹子の部屋』の司会や、累計770万部を記録し戦後最大のベストセラーとなっている『窓ぎわのトットちゃん』の著者として知られる。(出典:黒柳徹子 Wikipedia

女性の恋とHの悩みにホンネで回答!人気ブログランキングへ
美女の男研究!女の本音・女心・恋愛心理学ブログ
岐阜 メンズエステ
続きを読む
4月

STOPアンチエイジング!加齢が加速しない4つの方法

13
今回はアンチエイジングが加速しない方法のまとめをお届けしたいと思います。知っているけど忘れてた! そんなハウツーがあるかもしれませんよ。
続きを読む
4月

ああ、消費増税!消費税があがっても食べておきたい「美肌フルーツ」

03
消費税が8%になってしまいました。いかにこの美しい国日本が好きな女性であっても、3%から5%になり、8%になって、来年には10%になろうとしている消費税を恨みたくなる人もいるのではないかと思います。
そういうときは、節約! 個人でできる節約を正しくおこなうことで、気分も晴れるというものです。
今回は節約のスポットをフルーツに当ててみました。美と健康の維持にフルーツは欠かせませんが、消費増税。高いいちごやメロンは買い控えたい。では、なにを食べるといいのか? お答えしたいと思います。

思わず女性もドキドキしちゃう!女子力アップ美容ブログ村 
続きを読む
カテゴリー