美ip | イイ女・幸せカップル・男のホンネを研究エステ

イイ女・幸せカップル・男の本音を研究・分析して女子力アップ!「男の人って、なにを考えてるの?」「幸せなカップルの特徴・考え方とは!」「男がドキッとするいい女の接し方」「女性にも好かれる女性の特徴」など、楽しく生き生き過ごしている恋愛女性・イイ女・イイ男・ダメな女子・ダメな男子・カップルの特徴や体験談等を分析しながら、女性が幸せな毎日を過ごすためのスパイスを発信していきます。メンズエステ求人

痩身エステ

7月

美魔女・美ママ!美人すぎる女性はやっている?「無理のないダイエット」で成功する4つのメソッド

06


ダイエットと言えば「意志が強くないと成功しない」と、こういう「無理っぽい」発想がダイエットを失敗させている。今回はこういうことについてご紹介したいと思います。
美人でしかもいつも笑顔でスリムな女性は、いったいどんなダイエット「テクニック」を駆使しているのか? 何人かの「美人すぎる」女性の証言をもとに、以下にご紹介しましょう。


(1)規則正しい生活をしている
これはダイエットの基本中の基本であると言われていますが、なかなか実践するのはむずかしいですよね。うっかりしていると、すぐに毎日深夜の1時や2時になってから寝ることになってしまいます。で、翌朝はダルイ……なんてことに。
規則正しい生活は「早寝」から始めます。だってはやく寝ないと、はやく起きられないから。朝は5時か6時に起きて、太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされることが、科学的にわかっています。
体内時計は25時間サイクル(最新の研究では24時間10分とするデータもある)なので、うっかりしていると、毎日1時間ずつ後ろにずれて、規則正しい生活ができないのです。早起きで時計をリセットする。これがダイエットの基本です。


(2)「いい」姿勢をキープしている
背筋をピンと伸ばして、お尻にキュッと力を入れる。正しい姿勢をキープしようと思えば、これが絶対条件になります。これ、やってみると、相当にキツいのですが、毎日、毎時間、正しい姿勢をキープしていると、それなりに美しい体型になります。

(3)和食中心である
日本人にこれだけダイエット人口が多い理由の1つは「食べ過ぎ」かつ「運動をしない」ということのようです。
運動は好き嫌いもあると思いますので、まずは「食べ過ぎ」をどうにかしましょう。基本的には、味付けの濃いものを食べていると、知らないうちに食べ過ぎになります。
薄味の和食を好むようにすれば、比較的「正しいカロリー」を摂取することになります。

(4)ときどき美容クリニックに行っている
これはアミノ酸とかビタミンを注射しに行っているということのようです。アミノ酸やビタミンは、サプリメントで飲んでも、希望する箇所に作用してくれないこともあるのです(それこそ体内で「マルチに」作用する成分である)。
よってお肌のためにアミノ酸のサプリを飲んでも、実際には体内で、胃腸の調子を整えるためにアミノ酸が使われているなど……。
美容のための注射、痛いですが、ピンポイントでカラダに栄養を与えることが、重要みたいです。

いかがでしたか? 美容クリニックに行くこと以外は、0円でできることですよね。「ちょっとだけ」がんばって、無理のないダイエットをおこないましょう。

大人の色気を醸し出す!美魔女ブログランキングへ
美顔・美脚・美尻…セクシーを追求!女子力アップ日本ブログ村
zero159

痩身メンズエステ・ダイエット
6月

夏までに二の腕の「ふりそで」とサヨナラしたい! 部分痩せの極意とは?

10

夏になると半袖やタンクトップを着ますよね。居酒屋デートなどで、ジャケットを脱いだらタンクトップ1枚で、しかも二の腕が極めて美しい!
こうなれば、意中の彼も萌え萌えしちゃいます。その「二の腕」をどうやって夏までに痩せさせるといいのかについて、ご紹介したいと思います。


高収入バイト・メンズエステ求人|エトルテ
セラピスト求人・エステティシャン募集|ステフィー
渋谷 メンズエステ求人



●昔は「ふりそで」なんてなかった
二の腕がプルプルしている原因は、二の腕の筋肉を使っていないからです。それだけ。
昔は、たとえば洗濯物を干すときに、腕の筋肉をしっかりと使っていました。今、ベランダに布団を干す女性も少ないと思いますが、昔はよく布団を干していましたから、布団を干すことで、二の腕の筋肉が鍛えられ、ふりそで的なプルプルした二の腕を持つ女性も少なかったのです。

●現代版・ふりそでとサヨナラする方法
そうは言ってみたところで、ベランダに布団を干すことを禁止しているマンションも増えたわけですし、洗濯ものは干さなくても、ボタン1つで乾くわけで、二の腕の筋肉を使う生活シーンじたいがないですよね。

ここはひとつ、地味な筋トレをしましょう。

たとえば2リットルのペットボトルに適当な量の水を入れて、ダンベル代わりにします。テレビを観ながら、ペットボトルを地味に上げ下げしましょう。

あるいは、ペットボトルを持ち上げつつ、手首をひねる。

こうすることで、二の腕の筋肉が、地味に鍛えられます。

●もともと地味な筋肉なのです
二の腕の筋肉って、胸の筋肉(胸筋)などとちがって、非常に地味な「縁の下の力持ち」的な筋肉なのです。フィットネスクラブで胸筋を鍛えるために、ダンベルを上げ下げしている男性を見たら、おもわず「かっこいい!」と思う女性も、地味に手首をひねる動作を続けている男性を見たら「暗そうなオトコ」と思うかもしれません。

それくらい地味なことをしないと、鍛えられないのが、二の腕のふりそでの部分です。

ホント、ふりそでの筋肉は、生活のあらゆるシーンで使わなくなったので、地味な筋トレをして、スリムにするしかありません。
地味な動作がお嫌いであれば、水泳をするといいと思います。マッチョマンも惚れ惚れする二の腕になります。力こぶができる二の腕というよりも、女性らしいスリムな二の腕になる効果が水泳にはあります。

高収入バイト・メンズエステ求人|エトルテ
セラピスト求人・エステティシャン募集|ステフィー
メンズエステクイーン

続きを読む
5月

リバウンドしない「画期的なダイエット方法」はないの?

09

少し無理をしてダイエットをすれば、多くの女性はリバウンドをします。こんなの、太陽は西に沈む……くらい当たり前のことですが、それでも多くの女性は、食べない→痩せる→なぜかリバウンドして太る というサイクルを繰り返しているのではないでしょうか?
今回は、専門家が提唱する「リバウンドをしないダイエット方法」について、ご紹介したいと思います。
リバウンドする理由は、わりと簡単で、ダイエット期間中にカラダがストレスを覚えるので、ストレスを発散させるために過食気味になる。ゆえにリバウンドするというものらしいです。食べたらストレス発散になると、カラダは知っているのです。
もちろん、ものすごく絶食をすれば、カラダが生命の危機を感じて食べる……というケースもありますが、極端すぎる事例なのでここでは取り上げません。

つまり、痩せたいというのは、人の意思です。ストレスを感じて食べるというのはカラダの意思(厳密に言えば自律神経の仕業)です。

ということは、カラダの声を聞きながら、食べる量を調節すると、リバウンド知らずのダイエットになるということです。

●カラダの声を聞く方法
カラダは常に、私たちになにかを言っています。喉が渇いた。だからなにかを飲みたい。これも1つのカラダの声です。
しかし、こと食事に関しては、私たちはカラダの声を無視しています。

たとえばお腹いっぱいなのに、スイーツを見たら「食べたい」と思って、2つも3つもスイーツを食べる。こういうのは、しいて言えば「目で食べている」わけです。

あるいは、納豆など今日は食べたくないのに、お通じにいいからと、つい食べる。こういうのを「脳で食べる」と言います。

そうではなくて、「食べたくないときに、食べたくないものは食べない」という習慣を身につけると、それが「カラダの声を聞く」ことになり、さほど太らないし、ダイエットをしてもリバウンドなしに痩せるというわけです。

●粗食に慣れるといい
そうは言っても、たいていの人のまわりには、目で食べたくなる食事や、脳で食べてしまう食事が溢れかえっていると思います。
実際に食品メーカー各社は、味付けの濃いもの=おいしいもの=人々がつい食べ過ぎるもの=儲かる ということで、いろんな商品を出しています。
ちょっと精神的にしんどいかもしれませんが、身の回りを薄味の粗食だらけにしてしまうといいと思います。どうしても間食をしたければ、干し芋を食べる……みたいなことです。
4月

マジシャン顔負け!なぜかわからないけど「効果があった」風水的ダイエットテク3選

04
今の日本は、結果が良くないとその原因をみんなで探しまくるという悪い癖があります。だから新商品の売れ行きが悪いと、朝まで会議で徹夜……という残念なことに付き合うハメになったりします。
さて、ダイエットについて。ダイエットは、摂取カロリーが消費カロリーを下回れば痩せるという、非常にシンプルなコトですが、なかなか行動とその結果が一致しないものです。
今回は「なぜかわからないけど痩せた」という、マジシャン顔負けのダイエットテクをお伝えしたいと思います。
さっそく見ていきましょう。


■1:部屋を掃除した
部屋を掃除したら3キロ痩せた。こういう話はときどき聞きます。「汚部屋」を掃除するきっかけはいくつかあると思います。彼氏が部屋に来ることになったとか、床も見えない部屋がほとほとイヤになったとか、洗濯物と洗濯をし終えたものの区別がつかなくて不便だとか。
一般的に言って、精神をまっすぐに正すと、生活習慣が正しくなり、痩せやすくなりますよね。

■2:鏡を磨いた
「美醜がわからなくなる」という表現があります。美醜がわかるようにするには、部屋の鏡を磨くこと。こころを磨くこと。これに尽きます。
磨いたらイヤでも目に入ってくるものがあります。痩せない体。それを毎日見て「意識すること」が、ダイエット成功の秘訣ではないでしょうか。

■3:花を飾った
花を飾ったらダイエットに成功した。これもこころの持ち方にその理由があるのではないかと思います。
部屋と化粧室に一輪でもいいので、花をいけてみるといいと思います。心持ちが変わってきます。気持ちが変われば習慣が変わるということでしょう。

いかがでしたか?
そもそも人生なんて、やったこととその結果がイコールになることが少ないものです。頑張らなくてもうまくいくときはうまくいく。その逆もある。
ダイエットくらい「神頼み」のお気楽なかんじでやってみてはいかがでしょうか? 花を飾ったら3キロ減った。これでいいんです!

Photo by Pinterest
カテゴリー