美ip | イイ女・幸せカップル・男のホンネを研究エステ

イイ女・幸せカップル・男の本音を研究・分析して女子力アップ!「男の人って、なにを考えてるの?」「幸せなカップルの特徴・考え方とは!」「男がドキッとするいい女の接し方」「女性にも好かれる女性の特徴」など、楽しく生き生き過ごしている恋愛女性・イイ女・イイ男・ダメな女子・ダメな男子・カップルの特徴や体験談等を分析しながら、女性が幸せな毎日を過ごすためのスパイスを発信していきます。メンズエステ求人

女子力アップ

4月

彼氏と「長く付き合いたいのであれば」やってはいけないアレ4選

07
せっかく付き合うなら、イケメン。しかも遊び人のイケメンではなく、長く愛してくれ、愛することのできる誠実なイケメンがいい! こう思う女性も多いでしょう。
今回は、1人の女性を長く愛する、誠実なイケメンが「超苦手な女性」を4パターンご紹介したいと思います。




大久保 熟女 風俗求人 はこちら。
続きを読む
4月

じつは男性がひそかにチェックしている「女性のボディパーツ」4選

02
たとえば、多くの女性は毎朝熱心に化粧をしていると思いますが、男って、化粧が濃いか薄いかくらいの判断能力しか持ち合わせていないので、「女性がかけた労力に比例して化粧を評価しない」のが男性であったりします。
で、たいていの場合、女性があまり気にしていない(であろう)ところを見て「この女性は美容に気をつかっているな」とか「なんかヤバイ女性だな」と感じます。
いったい男性は、女性のどこを見て「イケているかどうか」を判断しているのでしょうか?
何人かの男性に聞いてみました。さっそくご紹介しましょう。

池袋 熟女 風俗求人
続きを読む
1月

ケアしてる?男性が「土下座してもいいから触りたい」と思っている女性のボディパーツBest5

03
エッチの前のボディケア。アソコのケアや脇のケアだけでOKというわけではないようです。男子は以下のパーツを「ぜひ触りたい」と申しておりますので、あんなところも、こんなところもケアする必要がありそうです。
続きを読む
12月

彼氏がよろこぶ「えっちな体」になる3ステップ

01
男が思う「えっちな体」については、男ごとに意見が分かれるだろうと思いますが、たとえば、男性がよく読むマンガ週刊誌の巻頭グラビアにその答えを見ることができます。グラビアは、ある意味、男性の総意を押さえているのです。
端的に言えば、ちょっとむっちりしていて、ローライズなビキニのアソコがもっこりしていて、どこにスジがあるのかわからない写真を掲載すると「完売御礼」になったりします。
そういう体をどうつくるのか? ボディメイクの先生にお聞きしてきました。ご紹介しましょう。

思わず女性もドキドキしちゃう!女子力アップ日本ブログ村  
続きを読む
2月

理想のおっぱいの形は?男性が「触ってみたい!」と思う胸の条件4選

10


バストに関する記事は、インターネット上にたくさんありますので、今回は、男性が「触ってみたい!」と思う胸の条件についてお話したいと思います。
「とにかく胸を大きくしたい!」とか「乳首をピンクにしたい!」と、こだわっているのは女性ばかりで、男子は「べつに小さくてもいいし」と思っているかもしれません。
さっそくご紹介したいと思います。


■1:大きそう!
「ぼくはやっぱり大きそうだなとかんじる胸を触ってみたいです。冬って、セーターの上から胸の膨らみを見ながら、この女子はなにカップかなと、推理ゲームを楽しむにはもってこいのシーズンですよね」(25歳・フリーター)
まあ定番のご意見ですよね。が、大きくてまあるいものは、男子にはなく女性しか持っていないので、大きい胸というのは、「やっぱり」男子にとって垂涎の逸品なのかもしれません。脂肪の塊なのにね。

■2:やわらかそう!
「ぼくは大きさというより、やわらかそうだという、その感触的なことに触発されます」(23歳・フリーター)
BカップでもやわらかそうであればOKだし、Fカップでも硬そうだとちょっとイヤだということだと思いますが、硬そうなFカップのおっぱいって、どんなものなんでしょうか?

■3:走ったら揺れている胸
「走ったら揺れる胸は無条件に揉んでみたくなります。大きいから揺れるとか、そういうことでもないと僕はこれまでの経験から思っているので、サイズとかではなく揺れているものを触りたいということです」(25歳・花屋)
揺れているものを触りたいって、なんかネコみたいですね。男性器が揺れていてネコが飛びついた……という話をどこかで聞いたことがあります。

■4:条件問わず
この「条件問わず」は、2パターンのご意見がありました。

A)おっぱいならなんでもOK

B)好きになった人のおっぱいらなサイズ・カタチ問わず

AとB、どちらが女性として納得するのか? あるいは許せるのか? いろんなお考えがあると思います。
が、おっぱいたるもの大きくないといけないという考えは、もはや昭和の考えだと思って、「新しい」おっぱい哲学を独自に持ってみてはいかがでしょうか? 仕事の仕方も、おっぱい哲学も多様化の時代なのでしょう。

2月

1瓶2万円の美容液はいらない!「これだけやっときゃ男性に好かれる!」という美容方法とは?

09

若い頃からモテまくって現在50歳という、ものすごく美しい女性がいます。この先輩女史は、ありとあらゆる美容法をやってきたそうですが、結果的に「これとこれだけやっておくと、男性に好かれる」という、絶対的な美容法にたどり着いたと言います。
1瓶2万円の高級美容液を使わずとも男性に好かれる美容法を2つ、ご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう。

■1:ちゃんとしたものを食べる
コンビニご飯とか、チェーン店での外食が増えると、この女性は便秘になるといいます。読者のなかでも、適当な食事の外食が増えると便秘がちになるという女性がいるのではないかと思います。
野菜不足に添加物のオンパレード……これでは、いくらデトックスをやったところで、カラダのなかから美しくならないと、この先輩女史は言います。
粗食でもいいので、できるだけ3食ともじぶんで作って食べる。カラダをつくる基礎は、口から体内に入れたものだから、きちんとしたものだけを入れてあげる。
すると、人はそれなりに美しく居続けることができるそうです。

■2:よく働く
はたらくことも、この女史の手にかかると美容法になります。昔の人は、よく体を動かして働いていました。だからものすごいデブも少なかったし、おばあちゃんになってもいいお顔をしていたものです。
食べたら体を動かしてよくはたらく。ちょっと体の切れが悪いと感じたら歩く。常に体を使うことを考えていると、人は、特別な美容法やトレーニングをしなくても、それなりに美しくいられるそうです。体を使うということのなかには、もちろんセックスも含まれます(が、正常位だけ……というのはおそらく含まないと思います)。

いかがでしたか? どことなく昔のおばあちゃんのような暮らしをしているといいという感じですよね。そういえばパワースポットとして一躍有名になった海女さんの神社である神明神社のまわりには、美人な90歳ちかい海女さんがたくさん住んでいるそうです。
食事は自然のもの。そしてよくはたらく。で、90歳を超えても美人ということです。
そういう人生ってステキだと思いませんか?

2月

【知花くららを世界2位にしたディレクターが明かす! vol.6】世界の美人がきをつけている3つのこと

06

今回でミス・ユニバースのディレクターの教えを紹介する記事は最終回です。
最終回は、世界の美女でも(すべてを手に入れて王者の輝きを放っている美女でも)、常に気をつけていることを3つご紹介したいと思います。
絶世の美女も人の子ね……と、微笑ましく思えるかもしれません。
さっそく見ていきましょう。


■お酒とタバコと甘いもの
世界の美女が気をつけていること。それは浮気の心配とか、寝る前にメイクを落とすとか、そういうことではなく、アルコール、タバコ、そして甘いものの3つなんだそうです。
これらは、どれだけ精神的に強くなったとしても、麻薬のように甘い誘惑をしてくるといいます。

タバコをやめられない人はよくわかると思いますが、あれは中毒性のものです。お酒も同じです。お酒を飲みながらタバコを吸うことに快感を覚えている人は、両方を一度にやめるよりほか、方法がありません。


■「うまく」付き合うといい
しかし、ミス・ユニバースのディレクターは、アルコールもタバコも甘いものも絶対に食べないということではありません。適度にたしなむ程度に、うまくそれらと付き合うこと。これが大事なんだそうです。
人の精神はそんなに強くはないから。人は弱い生き物だから。だからこそ、うまく付き合う術を覚えたほうがいい。こう言います。大人なんですよね、考え方が。
日本のように、なにがなんでも禁煙とか、そういうことではないんですよね。時にはタバコを吸ってもいい。ときには甘いものを食べてもいい。お酒も二日酔いにならないくらいなら飲んでもいい。
こういう大人な思考回路を持つことや、大人的な価値基準でじぶんを褒めてあげることがすごく大事なんですよね。

いかがでしたか? 全6回にわたってお送りしてきました。ミス・ユニバースといえば世界の美。世界基準の美です。

子どもの世界ではありません。つまり自立している考え方がベースにあります。そして自立をすればするほど、愛情豊かな、大人な、シックな、落ち着いた女性が誕生します。
日本の子どもチックな社会がどことなくおかしくなってきます。日本の社会はどこまで行っても寄り合い社会、村社会です。甘えがベタっと真夏の汗を吸ったシャツのようにまとわりつく社会です。
そういう社会を尻目に、ちょっと自立してみる。こういうスタンスが、あなたのことを美人に格上げしてくれるのではないかと思います。

1月

イラッとしたときにサクッとやっておくと「美人になれる」最強テク

08
恋が思うように進まないとか、会社にどうしようもない上司がいる……ということはよくある話で、私たちは絶えずイラッとしながら生きています。
イラっ! が続くと、それが知らず知らずのうちに顔にでて、おブスになってしまう……ということもよくある話です。
では、日常的に降りかかってくるストレスを、どうやって解消すれば美人さんになれるのか?
多くの医者が共通するある1つのことを言っていますので、ご紹介したいと思います。

男にモテモテ!美女力アップブログランキングへ
男がドキドキしちゃう!女子力アップ日本ブログ村 
続きを読む
11月

彼氏が途切れない女子が「ひそかに」やっている4つのこと

14

いつもいつも彼氏がいてしあわせそうな女子っていますよね。彼氏を切らせたことがない女性。そういう女性はどんな「裏の手口(?)」を使って彼氏を切らさないようにしているのでしょうか?
今回は24年間彼氏を切らせたことがないナナミさん(24歳・昼間はパート的に歯科衛生士として歯科医院に勤務)に、どんなテクニックを使っているのか、お話をお聞きしてきました(24歳で24年間彼氏を切らせたことがないというのは「言い過ぎ」ですが……)。
続きを読む
11月

彼とラブラブになりきれない「残念女子」の4つの特徴

12
今回は彼とラブラブになりきれない哀しい女子たちに、「なぜラブラブになれないのか」について語っていただきました。
 続きを読む
カテゴリー