07
今回は都内に在住の香澄さん(29歳・派遣OL)が、彼氏のお誕生日パーティーでおこなったサプライズ演出についてご紹介したいと思います。
彼は3つ年上の32歳で、都内でエンジニアとして働いています。
■格安でマジックショー?
「私の友だちと彼の友だちを合わせて、合計20人くらいで、都内の小さな飲食店を貸し切って彼のバースデーパーティーをしました。
彼はどちらかというと出不精で、あまり外食をしないので、外食をしたりパーティーをするお店を知らないので、お店は私が決めました。
いくつかのお店をネットで探していたんですが、マジシャンを派遣してくれる飲食店があり、そこを選びました。パーティーの途中で余興的にマジックショーをやってくれるお店です。20人くらいの参加者で割れば、ひとりあたりの金額はさほど高くなかったです」
ネットで調べたら、マジックショーをやってくださるお店ってたくさんありますし、価格帯もさまざまですから、マジシャンにお誕生日パーティーに来ていただくという方法は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

■炎からバラの花が登場!
「マジックのネタは、さすがにプロのマジシャンだけあって、いくつもご用意してくださっていたのですが、そのなかのひとつに炎のなかからバラの花が出てくるというものがありました。
私は彼から花束をもらったことはあったのですが、私から彼に花をプレゼントしたことはなかったので、このマジックは私もすごく嬉しかったです。
炎からバラが出てきたとき、彼はすごくビックリしていて、とても喜んでくれました」
一輪でもいいので、女性から男性に花を贈るというのは、男性の気持ちにずっと残るのかもしれません。男性は女性に比べて花をいただくことが少ないですからね。

いかがでしたか?
サプライズ的な演出方法のなかでも、マジシャンを起用する方法は、かなりサプライズではないでしょうか。しかもマジックでお花が出てきて、それを男性がもらうというのは、ほかのどんなプレゼントより愛情を感じるのではないかと思います。
みなさんもよかったら、マジシャンをバースデーパーティーに起用してみてはいかがでしょうか。

Photo by Pinterest

女性の恋とHの悩みにホンネで回答!人気ブログランキングへ
美女の男研究!女の本音・女心・恋愛心理学ブログ

【ライター紹介】 
ひとみしょう

ひとみしょう

(作家/作詞家/ANGIE編集長/恋愛コラムニスト)
1975年 香川県生まれ。小学館『Menjoy!』での執筆のなかで4回のMVP賞受賞(『Menjoy!』としての表彰であり小学館としての賞ではない。社としての賞をいただけるほど立派な才能はない)を経て、『ANGIE』編集長に就任。続きを読む


ライターの記事を読む 
facebookTwitterボタン