14285930a79d25b58c86428264e1df91_s
業界のなかで「ちょっとカチカチしといてね」と言えば、それは写真をフォトショップでうまく加工して、シミを消したり……ということを意味します。
テレビコマーシャルで女優さんの肌が美しい場合、それは「カチカチ」のおかげかもしれません。
それにしても肌が美しいのは小雪さんで、今回は小雪さんの美容法についてご紹介したいと思います。

※小雪(こゆき、1976年12月18日 - )は、日本の女優。本名、松山 小雪(まつやま こゆき)。旧姓、加藤(かとう)。神奈川県座間市出身。スノー所属(エイベックスがスノーと専属契約することでマネジメント業務を実施、フラームと共同プロデュース)。夫は俳優の松山ケンイチ。姉は歌手の弥生。趣味:アロマテラピー、読書、テニス。
(出典:小雪 Wikipedia

女性の恋とHの悩みにホンネで回答!人気ブログランキングへ
美女の男研究!女の本音・女心・恋愛心理学ブログ    
■体のなかから美をつくりだす
小雪さんが毎日積極的に食べているものとして以下のものが挙げられています。

・玄米ご飯
・カスピ海ヨーグルト
・大豆や豆乳
・納豆
・具だくさんの味噌汁
・生姜

なんとなく想像がつくと思いますが、体のなかを美しくするのにもってこいの食事を小雪さんは心がけているということです。
玄米ご飯。これは美容フリークの女性であれば、食べていると思います。あまり美味しくなかったりもしますが、そこは美容のためにちょっと我慢ってかんじでしょうか。
ヨーグルトや納豆は、酵素がたくさん含まれているので、言わずと知れた美容に有効な食材ですよね。
生姜は体を温めてくれます。

■冷たいお水は一切飲まない!
食事以外で小雪さんが意識しているのは「冷たいお水を一切飲まない」ということなんだそうです。
体を冷やしてもいいですというお医者さんはいないので、体をできるだけ冷やさないようにして、毎日1.5リットルの水分を補給するというのが、美肌を手にするコツなのでしょうか。
お水は飲み慣れていないと、飲むのがしんどかったりもしますので、そういうときは、具だくさんの味噌汁を飲むとか、生姜湯を飲むなど、食事とうまくセットにして水分を正しく摂取するようにしたらいいかもしれません。

いかがでしたか?
体のなかから美しくするということを小雪さんは徹底して実践していると言えるのではないかと思います。世の中、なんでもそうですが「見えないところをいかにケアするか」が大事です。仕事でも、事前の根回しなどの準備が正しく行われていれば、いい仕事になるように、美容も見えないところのケアが大事だということでしょう。

女性の恋とHの悩みにホンネで回答!人気ブログランキングへ
美女の男研究!女の本音・女心・恋愛心理学ブログ

【ライター紹介】 
ひとみしょう

ひとみしょう

(作家/作詞家/ANGIE編集長/恋愛コラムニスト)
1975年 香川県生まれ。小学館『Menjoy!』での執筆のなかで4回のMVP賞受賞(『Menjoy!』としての表彰であり小学館としての賞ではない。社としての賞をいただけるほど立派な才能はない)を経て、『ANGIE』編集長に就任。続きを読む


ライターの記事を読む       
facebookTwitterボタン