12
ラーメンを食べたら太る。ましてやお酒を飲んだあとにたべたらデブまっしぐら。こう思っている女性も多いかと思います。たしかにラーメンはカロリーが高い食べ物ですが、食べ方を工夫すれば、そんなにデブになることを気にせず、おいしくいただけるそうです。
■1:野菜やメンマから食べる
血糖値の観点から「太る理由」を述べるなら、急激な血糖値の上昇が太る原因なんだそうです。糖の上昇をゆるやかにすれば、太りにくいというわけ。
ということは、ラーメンの上に乗っている野菜やメンマを先に食べて、あとからおつゆや麺を食べるというかんじで、食べ方を工夫すると太りにくいと専門家は言います。

■2:野菜ジュースを飲んでからラーメンを食べる
ラーメンを食べると太る原因の2つめは、大量のカロリーを体内で消化しきれないからなんだそうです。消化しきれなかったものは脂肪として体内に残る、つまり太るんですって!
消化を促進させると、ラーメンを食べても太りにくいようで、それが野菜ジュース。野菜ジュースが持つ栄養素が、消化を助けるため、太りにくくなるのだそうです。

■3:お酒を飲むときはお水も一緒に飲む
飲み会のあとにラーメンが食べたくなる理由の1つは「軽い脱水症状になっているから」なんだそうです。よってお酒と一緒にお水も飲んでおくと、脱水症状を避けることができ、ラーメンを食べたくなくなるんですって!
お酒は炭水化物を欲しがらせる作用もあり、よって「ラーメン」という選択を私たちはやりがちですが、お水を飲んでおくと、ラーメンではなくパンとかシリアルとかおにぎりでもOKな体質になるとのことです。

いかがでしたか? ラーメン大好きでデブってしまえば、彼氏ががっかりするかもしれませんよね。是非、ご紹介したテクニックをうまく使って、ラーメンを食べつつ彼氏に愛されるカラダになってみてはいかがでしょうか。

photo by Pinterest
facebookTwitterボタン