03
パッティング……つまりコットンに化粧水を含ませて、顔をパタパタすることは、肌にとってすごくヤバイのだと皮膚科のお医者さんが言っていたので、今回はこれについてご紹介したいと思います。


新宿 メンズエステ求人はこちら。
新宿 熟女 風俗求人はこちら。 
■肌に刺激は禁物
コットンは非常にやわらかく肌にいい感じがするものですが、それに化粧水を含ませると硬くなりますよね。硬いもので肌をたたくと(パッティングすると)、それは強い刺激を肌に与えていることになるのでよくないのだと、お医者さんは言っています。
多くの女性がパッティングをする理由はおそらくひとつで「たたいたほうが化粧水の有効成分が肌の奥によく浸透してくれそう」というものでしょう。

■残念。たたいても入らないのです。
この考えについて、お医者さんは「たたきゃあ、入るものではない」と言っています。肌の奥に有効成分を浸透させようと思えば、「それなりの成分であれば、たたかなくても浸透します」と言っています。
一番しっかりと浸透してくれるのは「イオン導入」だそうです。イオン導入器で、防腐剤などが入っていないビタミンC誘導体配合の美容液を浸透させるのが、もっともいいのだとか。

■目尻のシワもすべておなじ
肌に刺激は禁物と言っても、目のまわりはしっかりと洗顔して保湿をしたいから、ついゴシゴシしちゃいますよね。
これが「目元のくすみ」につながるそうです。たとえばマスカラは刺青(タトゥー)ではないので、マスカラをつけたまま寝ても、マスカラの色素は肌に沈着しません。しかし、目元を長年刺激し続けることで目元はくすんでくるそうです。
目元は、本当は、コットンにオリーブオイル(食用ではない)を含ませ、それを1分ほど目の上に置いておくと、こすらなくても(軽くぬぐうだけで)アイメイクが落ちるのだとか。

いかがでしたか?
パッティングは肌にいいと思っている女性も多いかと思いますが、それは逆効果だということです。イオン導入器は、安いと数万円以内で購入することもできるようなので、購入を検討してみてもいいかもしれません。ビタミンC誘導体配合の美容液は、純粋なものであれば美容クリニックで処方してくれるようです。

Photo by pinterest
facebookTwitterボタン