07
男性はどんな浮気の言い訳をするのか? については、あいにく取材をしたことがありません。浮気の言い訳をするというより、いかに女性にバレないようにするか? ということに心くだいている男性の取材はしたことがありますが、なかなか舌を巻くようなテクニックを使っていました。機会があればご紹介します。
さて、今回は男性がまったく理解できない「女性の浮気の言い訳」についてご紹介したいと思います。
さっそく見ていきましょう。

男を引き寄せるテクニック!美魔女ブログランキングへ 
モテる女はココが違う!女子力アップ日本ブログ村
巣鴨 熟女 風俗求人
■1:「覚えてない」
「昭和の政治家じゃあるまいし、覚えてないという言い草もないと思います。先週の日曜の夜、なにをしていたのか? とぼくが彼女に尋ねて“覚えてない”はないだろうと思います。痴呆なのかな?」(29歳・イベント制作)
覚えてないは、ハッキリ言って「黒」と思われてもしかたないでしょうね。

■2:「淋しかったから」
「ぼくが仕事が忙しくてあまり彼女のことをかまってあげられなかった。だから彼女は“淋しいと思っている”。ここまではわかるんですが、なぜ淋しいと浮気をするのかが、ぼくにはよくわかりません。酒でも飲んで寝てしまったら、“淋しくない”朝がやってくると思うのですが」(25歳・書店勤務)
なるほど。こういうのは男女の思考回路のちがいなんでしょうか? それとも性差に関係のない個人差なのでしょうか? 淋しいとなにがなんでも今すぐ癒されたいタイプと、酒でも飲んでパッと寝てしまって朝を迎えるタイプと、2パターンの人がいるのでしょうか。

■3:「年上の男性のほうがやさしいし」
「これを言われたときは、ちょっとショックでしたが、ぼくだって35歳ですからね。彼女は24歳です。彼女の浮気相手は43歳でした。いくつ年上だったらええねん! ということで、まったく彼女の言っていることが理解できません」(35歳・広告制作)
これはおもしろいですね。年の差がいくつであれば、女性は”やさしい”と認定するのか? 人によってさまざまだと思いますが、このへんの個人差が、小説よりも奇なる恋愛を生み出すのかもしれません。

■4:「朝まで飲んでただけ」
「酒臭いにおいも出さず、よくこういうウソをつけるなあということが理解できないです。朝まで飲んでいたら、ふつうは酒臭い息で始発かタクシーに乗って帰ってくるでしょうに」(31歳・公益法人)
なるほど。これは「浮気がバレて別れたい」と女性が思っていたということでしょうか。

いかがでしたか。浮気は隠し通せないくらいならやらないほうがマシ。逆に隠せる自信があればおおいにやっていい。こう述べる人もいますよね。
このご意見に関しても賛否さまざまあると思いますが、ご紹介したような「男性が理解不能な浮気の言い訳」をするくらいなら、もっとうまく立ち回ったほうがいいのではないかと思いますヨ。「覚えてない」って、そりゃないだろ……ってなもんです(よね?)

Photo by pinterest
facebookTwitterボタン