10
9月になっちゃいましたね。これからどんどん寒くなって、唇がカサカサになる季節です。
唇がカサカサになる人は、リップクリームをつけていることが多いと思いますが

「唇を甘やかすから唇がカサカサになる」

という言い方があります。
つまり唇も「皮膚」ですから、乾燥したら自動的に保湿をしようとカラダが反応するらしいんですが、その前にリップクリームを塗ることで唇の保湿機能が「バカ」になっちゃう。ゆえにカサカサの状態が改善されないということのようです。

そうは言っても、唇は緊張したらカサカサになるし、空気が乾燥していたらカサカサになります。皮膚のなかでもとりわけ薄いのが唇なので、状況の変化を敏感にかんじちゃうのです。

そこで今回は、大好きな彼氏の前に出て緊張しても、それでも彼がムラムラきちゃう唇のつくりかたについて、ご紹介したいと思います。

美顔・美脚・美尻…セクシーを追求!女子力アップ日本ブログ村   
●リップクリーム&マスクをして寝る
手がカサついている人が、手袋をはめて寝るのとおなじで、マスクで唇を保湿してあげるといいそうです。

●食事に含まれている油分はしっかり落とす
女子会で「女子しかいないからいいや」と思って、唇の保湿にききそうな食事の油で唇を保湿するのは、百害あって一利なしなんだそうです。

●唇を舐めない&皮をむかない
これは基本でしょうね。乾燥したら気持ち悪いからつい舐めたくなると思いますが、舐めるたびに、状況はどんどん悪い方に……。

●コーヒー、酒、煙草、香辛料など刺激物を避ける
これも基本です。「肌に刺激は絶対に良くない」という皮膚科専門医のコトバのとおりでしょう。

●オリーブオイルでラップパック
オリーブオイルといっても、スーパーマーケットで売っている食用のものではなく、ドラッグストアに美容用のが売っているそうで、それを使いましょう。
コットンにオリーブオイルを含ませて、唇の上に置いて軽くラップします。息ができないと死んでしまうので気をつけたいところです。
5~10分くらいして、軽く拭き取ればOK!

オリーブオイルは、目元のシワのケアにも有効と皮膚科専門医は言っており、目元も唇に負けず劣らず皮膚が薄いので、スキンケアにはオリーブオイルがなにかといいのかもしれませんね。

【画像】
Kunonguyen
facebookTwitterボタン