08
女性のなかには、睡眠時間を削ってでも半身浴をしている人もいるようで、こういうことを聞き知った女医さんは、寝たほうが美容にぜんぜんいいのに、なんてバカな……と、以前どこかの本に書いてありました。

まあ医学的な「正解」と、多くの女性が「やりたいこと」は、常にずれていたりするので、こんなかんじで「女性批判」をしようと思えば、いくらでもネタが出てきて、医者はネタに困ることはないのだと思いますが。

さて、今回は、男性がまったく理解できていない、女性の美容に関するあれこれを、ダイジェストでお送りしたいと思います。
あなたが「100%あたしのことを理解してくれている!」と信じている彼も、以下のことについては「はあ?」となっているかもしれません。

美顔・美脚・美尻…セクシーを追求!女子力アップ日本ブログ村 
●小さな美容液が1万円以上すること
「ユンケルより小さなボトルに入っている化粧水が1万円以上しているなんて、ぼくには正直、理解ができません。
ぼくは鉄鋼のメーカーに勤務しているので、化粧品の値付けについては詳しくないのですが、世の中のものって、たいてい原価1割でできています。
1万円で売られている化粧品は、宣伝広告費などが莫大にかかるので、たぶん原価500円とか800円くらいではないかと思うのですが」(29歳・事務)
化粧品の値段については、男性は「なぜこんなに高価なのか?」あるいは「なぜ高価な化粧品を使いたいのか」理解できないでしょうね。「そのへんのもの」を顔に塗っているか、なにも塗らないのが男性なので……。

●リンパマッサージの「リンパ」がそもそもわからない
「リンパマッサージでデトックスしてきたと言っているぼくの彼女。ぼくにはまったく理解できません。そもそもリンパってなに? 体内にリンパ液があればなにがまずいの? とか、もう100%わからないです」(35歳・営業)
リンパって血管みたいにメジャーなものではないので、知らない人は知らないのかもしれませんね。

●「なかったこと」になんかなるわけがない
「ぼくの彼女が焼肉を食べたあとに“なかったことにする”系のサプリメントをいっぱい飲んでいますが、こんだけ肉を食べておいて、なかったことになんかなるはずがないと思うんですが」(32歳・マーケティング)
これ、ただのサプリメントのネーミングの問題ではないかと思うのですが、この証言をしたマーケティング部勤務の男性は、そのへん、どう考えているのか、知りたいですよね。まあサプリは痩せる「薬」ではないので、論点じたいは「おっしゃるとおり」でしょうね。

いかがでしたか?
男性の証言をまとめていて、おもしろかったのは2番目にご紹介したリンパのことです。
これだけ世の中に「リンパケアサロン」があるにもかかわらず、やっぱり……というかなんと言うか、わからない人にはわからないんでしょうね。
今はやり(?)である「可視化」をしないと、理解できない男性もいるのかもしれません。
指を切ったらリンパ液がどろっと流れてきたら、「わかる」んでしょうか?

【画像】
YangChen(TW)
facebookTwitterボタン