11
たとえば長女として生まれて、下に弟がおり、その弟をいじめ倒して大きくなった女性は、社会に出てもその気の強さや口のうまさが災いして、25歳にしておばさんっぽく見えることもあります。
が、こういう面倒見のいい肝っ玉かあちゃんのような女性が大好きという男性もいるので、どうにかうまく結婚できたりもします。

では、次女として生まれ、いつまでも甘ったれたような声で「あたしわかんな~い」とか、かわいらしく言っていると、それを男性は「おばはんではなく女子だ」と評するかと言えば、そうでもない。

今回は、男性が「おばさん」と評してしまうポイントについてご紹介したいと思います。

女子力アップでモテ女に変身!日本ブログ村 
■1:声がデカイ
これは問答無用でおばさんと思われるでしょうね。これ以上日本と中国の溝を深めたくなので、こういう書き方もどうかと思いますが、日本に旅行に来ている中国人のおばちゃんをイメージするとわかりやすいと思います。声がデカイでしょ? で、以下の2に続きます。

■2:人の話を聞かない
中国人のおばちゃんたちは、デカイ声で誰かがずっとしゃべっています。片時も沈黙というものがない。しゃべり続けるには、漫才師のように相方の意見を聞かないと無理だと思いきや、中国人のおばちゃんって、たぶん、人の意見をまったく聞いていないと思います。
ワーワー好き勝手喋ったと思ったら、急にちがうほうを向く。ちがうほうに向いたおばちゃんに対して、別のおばちゃんがまたワーワー言う。人の話をちゃんと聞くだけで、おばちゃんにならずに済むということです。

■3:集団で行動するのが好きだ
というわけで、1と2をうまく回避しようと思えば、常に集団でなど行動しないことでしょう。ひとりでいることを愛する。ひとりの時間を愛する。静けさを愛でる。
こういうことを心がけるだけで、かなりおばちゃん化が予防できるのではないかと思います。

いかがでしたか? ご紹介した3つのポイントは、もう小学生くらいからやっている女性はやっていると思います。小学生にしてすでにおばちゃんです。
いつもひとりでいて「さびしんぼ」というのも、どうかと思いますので、小さな声で話す。できるだけ聞き役にまわる。こういうことを意識しておけば、気になるイケメン男子から「こいつ、おばちゃんみたい」とコケにされずに済むのではないでしょうか。 

【画像】
facebookTwitterボタン